工業触媒 - 西村陽一

西村陽一 工業触媒

Add: olajuc13 - Date: 2020-12-03 16:20:28 - Views: 8901 - Clicks: 5916

1P04 工業触媒 - 西村陽一 Mo担持USY触媒のメソポア構造に骨格外Al種がおよぼす影響(産総研) 佐藤剛一・西村陽一・松林信行・今村元泰・島田広道 1P05 シクロペンテンの液相水和におけるMCM-22触媒の形状選択性について(横国大院工) 呉鵬・Duangamol Nuntasri・辰巳敬. +(A list of literatures under single or joint authorship with "西村 陽一") 共著回数と共著者名 (a list of the joint author(s)) 12: 西村 陽一. Amazonで陽一, 西村, 武重, 高橋, 化学工学会の工業触媒―技術革新を生む触媒 (Creative Chemical Engineering Course)。アマゾンならポイント還元本が多数。陽一, 西村, 武重, 高橋, 化学工学会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 49(志賀昭信) 「Ziegler-Nattaオレフィン重合工業触媒~ポリプロピレン(PP)のプロセス開発を経験した技術者の備忘録~」, December. 耐Ni触媒を開発する目的で, 通常のFCC触媒に対する金属酸化物担持効果を調べた。TiO 2, ZrO 2 を担持した触媒では水素選択性に改良は見られなかった。Sbを担持した場合, 水素選択性が改良されるが, その効果はSbパッシベーターを原料油に添加する方法に比べ著しく劣る。MgOは沈着Niの不活性化能を. 大阪工業技術試験所 高橋 輝・林 英雄 「ポリエチレンイミンの企業化」 日本触媒化学工業㈱ 鴛海量一・佐野禎則. 『斯波忠夫他著『触媒化学概論』(1968・共立出版)』 『触媒工業協会編『触媒の話』改訂版(・化学工業日報社)』 『小野嘉夫・御園生誠・諸岡良彦編『触媒の事典』(・朝倉書店)』 『化学工学会監修、西村陽一・高橋武重著『工業触媒――技術.

第ii部 第18章 芳香族原料合成 元触媒化成工業(株) 西村陽一 161; 第ii部 第19章 スチレン合成 クラリアント触媒(株) 小鷹狩暢明 164; 第ii部 第20章 無水フタル酸合成 大阪府立大学・元(株)日本触媒 植嶌陸男 168. 2: 川崎 勲, 持田 茂. はじめに 85: 2. 文献「fcc触媒工業化の歴史」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 西村 陽一 物質工学工業技術研究所 本名 幸作 (財)石油産業活性化センター高機能触媒研究室つくば分室 島田 広道 物質工学工技研. 50(西村 陽一) 「接触分解プロセスおよび触媒の進歩(3)-ゼオライト含有触媒の開発―」, January Vol.

本書は、現在実用化されている不均一系触媒の中で、工業触媒として需要が大きな石油精製で使用される触媒を中心に、その開発の実際を紹介する。特に工業触媒の例として、著者が長年たずさわった流動接触分解装置(FCC)用触媒、重質油の直接脱硫用触媒を、また、大きな社会的影響を与え. 工業触媒 フォーマット: 電子ブック 責任表示: 多羅間公雄, 門田憲章, 太田暢人 著 言語: 日本語 出版情報: 日刊工業新聞社, 1960. 触媒 34(4), p232-235, 1992-06. 書籍名: 工業触媒: 技術革新を生む触媒 Creative chemical engineering course / 化学工学会監修 第 第 20 巻 巻: 著者: 西村陽一, 高橋武重: 寄与者.

触媒工業協会編『触媒の話』改訂版(・化学工業日報社) 小野嘉夫・御園生誠・諸岡良彦編『触媒の事典』(・朝倉書店) 化学工学会監修、西村陽一・高橋武重著『工業触媒――技術革新を生む触媒』(・培風館). 工業触媒 技術革新を生む触媒 (Creative chemical engineering course)/西村 陽一/高橋 武重/化学工学会(技術・工学・農学) - 現在実用化されている不均一系触媒の中で、工業触媒として広く利用されている固体触媒を取り上げ、その開発の実際を具体例をあげながら紹介。. おわりに 83 第7章 芳香族炭化水素製造プロセスにおけるゼオライト触媒(西村陽一) 1. 工業触媒 フォーマット: 図書 責任表示: 多羅間公雄 ほか 著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 1960. LPGを含む軽質炭化水素類の芳香族化プロセス 86. 4 形態: 290, 8p ; 19cm 注記: その他の著者: 門田憲章, 太田暢人 著者名:. ・工業触媒の劣化、特に重油の脱硫 触媒およびfcc触媒の劣化 西村陽一 氏(元)触媒化成: 総括討論(16:00-16:30) 休憩 (16:30-16:50) 産総研コンパクト化学プロセス研究センターの見学会 (16:30-17:15) 懇談会 (17:30-19:00).

工業触媒 技術革新を生む触媒:本・コミックのネット通販ならセブンネットショッピング。セブン‐イレブン店舗受取りなら送料無料&24時間受取れる。. 1: 堀 洋子, 川島 克久, 福田 義民. 工業触媒 : 技術革新を生む触媒 / 西村陽一, 高橋武重共著 資料種別: 図書 東工大目次db 出版情報: 東京 : 培風館,. MRZ触媒は Table 1に示されるように, 1) 高液収型, 2) 高オクタン型, 3) 耐メタル型の3種が工業化された。MRZの基本的な特性は, 1) ガス•コークの生成が少ない, 2) 耐水熱安定性が高い, 3) 耐摩耗性が高い, の三つである。これらの基本特性は, 活性種として用いられ.

50 西村 陽一「接触分解プロセスおよび触媒の進歩(3)-ゼオライト含有触媒の開発―」, January Vol. 第18章 芳香族原料合成 元触媒化成工業㈱ 西村陽一 161 第19章 スチレン合成 クラリアント触媒㈱ 小鷹狩暢明 164 第20章 無水フタル酸合成 大阪府立大学・元㈱日本触媒 植嶌陸男 168 第21章 テレフタル酸合成 三菱ケミカル㈱ 寺﨑 渉 174. 文献「ゼオライト系fcc触媒の活性,選択性に及ぼす重金属の影響 ii fcc触媒およびゼオライトの耐バナジウム性に及ぼすアルカリ金属の影響」の詳細情報です。. 第23回 昭和45年度(1970年) 「強力ポリエステルフイルムの開発研究と生産化」 東レ㈱ 岡部和男・小早川豊人・大角普三. わが国の工業触媒の歴史 : 総説と記録-20世紀からの伝言. 工業触媒 : 技術革新を生む触媒 Format: Book Responsibility: 西村陽一, 高橋武重共著 Language: Japanese Published: 東京 : 培風館,. 工業触媒 技術革新を生む触媒 西村陽一 / 培風館 /09 税込¥1,980: 環境触媒ハンドブック 加藤明(環境化学) / エヌ・ティ-・エス /11 税込¥65,340: 図解光触媒とアパタイト 野浪亨 / 日刊工業新聞社 /03 税込¥1,870: 光触媒ビジネス最前線. 工業触媒 : 技術革新を生む触媒 フォーマット: 図書 責任表示: 西村陽一, 高橋武重共著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 培風館,.

工業触媒 : 技術革新を生む触媒 西村陽一, 高橋武重共著 (Creative chemical engineering course, 20) 培風館,. 工業触媒 - 技術革新を生む触媒 - 西村陽一 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 固体触媒によるi-C4パラフィン/n-C4オレフィンアルキレーションプロセス開発 81: 5. 49 志賀昭信「Ziegler-Nattaオレフィン重合工業触媒~ポリプロピレン(PP)のプロセス開発を経験した技術者の備忘録~」, December.

『工業触媒―技術革新を生む触媒 (Creative Chemical Engineering Course)』(西村陽一) のみんなのレビュー・感想ページです(1レビュー)。作品紹介・あらすじ:本書は、現在実用化されている不均一系触媒の中で、工業触媒として需要が大きな石油精製で使用される触媒を中心に、その開発の実際を紹介. 接触分解触媒に用いられるゼオライトの調製面での進歩 (触媒調製の科学と技術の最前線) 西村 陽一.

工業触媒 - 西村陽一

email: fofedyr@gmail.com - phone:(656) 960-2536 x 8507

トワイライトエクスプレス殺人旅行 - 斎藤栄 - やさしい更年期障害の自己管理 青野敏博

-> 幸せってそういうことだったのか! - リズ山崎
-> FENおもしろ事典 - 窪田ひろ子

工業触媒 - 西村陽一 - 日本労働法学会 労働法におけるセーフティネットの再構築


Sitemap 1

儲けるTPI入門 - 加藤允可 - 大卒程度 北九州市 筑紫野市の消防職 公務員試験研究会